結婚したら、クレジットカードの名義変更は必要?

結婚して主婦になったとき、それまで利用していたクレジットカードはどうすれば良いでしょうか。名字が変わっても、そのまま利用することは可能なのでしょうか。

クレジットカード会社はカード会員の婚姻状況まで把握はしていないので、引き続き個人のカードとしてクレジットカードを利用することはできますが、銀行口座の名義を結婚後の姓に変更すると、クレジットカードの名義変更が必要になる可能性もあります。

銀行引き落としの口座番号が同じであれば、基本的には名義が変わってもOK

クレジットカードに関していえば、名字が変わっても、引き落とし口座にしている銀行口座番号に変更がないのであれば、名字が変わっても同じ人物であることが認識できるわけなので、名字が変わったからクレジットカード使えないということはないようです。

名字・住所や電話番号の変更はクレジットカード会社には届け出ておく

とはいっても、何があるかわからないですから、時間のあるうちにクレジットカード会社に変更を届け出ておくようにしましょう。
クレジットカードだけでなく、銀行口座やパスポート、車の免許証などの名義は統一して変更しておくのがベターでしょう。

クレジットカード会社は会員の登録情報に変更があった際には届け出ることを規約づけていますから、その変更を怠ってしまうと、更新時に新しいカードが届かないなどのトラブルの原因にもなってしまいます。

特に、結婚を機に引越しをする方も多いですから、名義の変更と同時に住所の変更も忘れず変更するようにしましょう。

名義や住所変更の方法は難しくない

実際のクレジットカードの名義変更の方法ですが、そんなに難しくありません。
電話やインターネット上からの変更が可能です。

ただ、ここで一点問題なのが、クレジットカードを複数枚所有している場合、各クレジットカード会社に対して変更の連絡が必要です。
その点だけ、少し面倒くさいかもしれませんね。

名義変更をしたら、新しい名義のクレジットカードが送られてくる

名義変更をしたら、新しいクレジットカードが送られてきます。大体は名義変更をしてから1~2週間で送られてくることが多いようです。

この際、クレジットカード番号が旧カードから引き継がれる場合と、引き継がれない場合があるようです。

旧カードから番号が名義変更を機に変わってしまった場合、ネットショッピングサイトにクレジットカード番号を登録しているカード番号、公共料金の支払いをカード払いにしている場合も、登録しているクレジットカード番号の変更が必要なので、その点はしっかり頭に入れておくようにしましょう。

夫婦別姓ならそのまま使い続けることができるが、変更がある場合は届け出るのがベター

夫婦別姓で特に名義変更などが必要ない場合は、クレジットカードはそのままの名義で利用できます。

ただし、結婚に伴い住所や電話番号、職業の変更がある場合は、届け出ておくことでトラブルを避けることができます。