離婚したら、結婚していたときに作ったクレジットカードはどうなる?

専業主婦やパート主婦の方が「世帯収入」というかたちで配偶者の収入も見込んで審査に通ったクレジットカードを利用していたら、離婚した場合はどうなるのでしょうか。

クレジットカード会社は、カード会員の婚姻状況までは把握できませんから、基本的には自己申告するかたちでカード会社に連絡する必要があります。

カード本会員(離婚した元配偶者)に紐付けるかたちで発行される家族カードを持っている場合は、対象カードの本会員の口座から請求額が引き落とされるので、離婚後もし家族カードで買い物をすると元配偶者がクレジットカード会社にその金額を支払うことになります。

自分名義・自分の口座から支払いのクレジットカードを保有している場合

自分名義で、なおかつ自分の口座から請求金額が引き落とされているクレジットカードであれば、利用し続けることは理論上不可能ではありません。

正常なクレジットヒストリー(利用履歴)を毎月積み重ねているのであれば、婚姻状況に関係なく、クレジットカードの利用は可能です。

しかし、審査時に元配偶者の年収等も考慮されているクレジットカードの場合は、離婚することによって状況(返済能力)も変化します。
解約する、利用を止めるのがベストです。
自身の状況に応じてクレジットカードを利用するようにしましょう。

家族カードを保有している場合

家族カードを所持している場合、それは「本会員の家族である」ことが前提で、本会員への審査のみで同じ口座から請求額が引き落とされる¥クレジットカードなので、離婚した場合はクレジットカード会社に申告して解約するようにしましょう。

独身に戻ったが、クレジットカードは新規に作ることができるのか

さて、離婚して一人に戻った方が、新規でクレジットカードを作ることはできるのでしょうか。

結論からいえば、不可能ではありません。ただし、本人の収入やこれまでのクレジットカードやローンなどの利用状況などからクレジットカードを発行した際に「返済能力」があるかどうか審査し、あると判断された場合にのみ審査に通過してクレジットカードを持つことができます。

ずっと家族カードを利用していた方なら、家族カードはクレジットカード本会員のカードに紐付けるかたちで発行されるため、家族カードを利用していたときの利用履歴(クレジットヒストリー)は本会員のものになります。

新たにクレジットカードを発行するとなっても、申込者本人に過去の利用履歴がない場合、クレジットカード会社としても審査するための判断材料が少なく、審査に落ちてしまう可能性があります。

審査が比較的厳しくないとされるクレジットカードで、信用力を鍛える

消費者金融系のクレジットカードである「アコムACマスターカード」なら、クレジットカード会社よりも柔軟な独自の審査基準を設けていて、ほかのクレジットカード入会審査に落ちてしまったという方でも審査通過する可能性のあるクレジットカードです。

クレジットカードにはポイントが貯まったり加盟店で割引を受けられたりといった優待特典が付帯していることがほとんどですが、アコムACマスターカードにはこれらのサービスは付帯していません。

しかし、まずは入会しやすいクレジットカードを1枚持ち、信頼されるクレジットヒストリーをしっかり築き上げてから、本当に自分が持ちたい1枚を手に入れる、という方法が」おすすめです。

晴れてクレジットカードが発行されたら、計画的な利用を心がけること

晴れてクレジットカードが発行されたら、自分の生活や収入と相談しつつ、計画的な利用を心がけるようにしましょう。

衝動買いや高価な買い物は控え、堅実に、賢くクレジットカードを利用するようにしてくださいね。